北总铁道将于明年秋季降价

由于447亿日元的累积亏损(该值为1997年度时的最大值)已于2020年度减少至31.25亿日元,并有望于公司创立50年的2022年度消除,北总铁道预计将于明年秋降价。本次降价除了将大幅下调定期票的票价,单程票也将一并降价,具体降价幅度仍在研究之中。

票价高昂是连接千叶和东京的北总铁道长年存在的问题——据调查,在相同里程下,北总铁道的票价约为其他铁路公司的两倍,这对于普通家庭而言是一个颇为沉重的负担。多年以来,沿线自治体要求降价的声音极为强烈。2010年,借成田空港线开业的契机,沿线自治体和铁路公司达成降价协议,同时每年双方各出资3亿日元作为相应的补贴。2015年,由于自治体一方的补贴如期终止,北总铁道减小了单程票和通勤定期券的降价幅度(即涨价)。

“高額運賃”北総鉄道 来年秋に値下げへ 累積損失解消見通しで

2021年9月22日 18時16分

千葉と東京を結ぶ北総鉄道は運賃が高額だとして長年、問題になっていましたが、来年の秋にも値下げが実施される見通しとなりました。

他社線との比較で「距離によっては約2倍の運賃」

千葉県印西市と東京 葛飾区を結ぶ北総鉄道は、ほかの鉄道会社に比べて運賃が距離によっては、およそ2倍にのぼるなど大幅に高いとして、長年、沿線自治体から値下げを求める声があがっていました。

これについて北総鉄道は、一時は447億円にのぼった累積損失が解消できる見通しが立ったとして、22日に来年秋にも値下げを実施する見通しを明らかにしました。

「家計への影響が大きい」として沿線自治体から要請があった通学定期を大幅に値下げし普通運賃についても値下げするとしていますが、具体的な金額については今後検討していくということです。

会社の株式の22%を持つ千葉県の熊谷知事は22日の県議会で、21日に会社側から報告を受けたとしたうえで「値下げが確実に実施されるよう今後も会社に対し働きかけていく」と述べました。

北総鉄道は「通学定期の大幅値下げなどにより、沿線内への居住促進にもつなげていきたい。早期値下げに向けて準備を進めていきたい」とコメントしています。

其他参考资料:
1、運賃高すぎ北総線、ついに「値下げ」可能性が浮上-東洋経済
2、北总铁道2020年度财报概要
3、北総線現行値下げ運賃における通学定期の据置きについて-北総鉄道による発表
4、(2010年1月)北総鉄道の運賃値下げ-全国知事会